<   2014年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧
アジアカップ2014 フラワーデモンストレーション
今回もアジアカップ2014で見てきたことを書きとめておきたいと思います。

沼津市のプラサヴェルデで行われたフラワーデザイン国際競技会、アジアカップ2014。
7月27日(日)の午前中には日本の著名なフローリスト、平井昭臣氏、堀文則氏、新井光史氏によるフラワーデモンストレーションが行われました。

中でも堀文則さんのデモンストレーションがおもしろかったです!!!

舞台に堀さんが登場すると、まずエノコログサとベルテッセンでスパイラルブーケを作り始めました。
あっという間にブーケができあがると、既に舞台に置いてある黒い長い脚の上の丸い金色の平らな花器の上にそのブーケをセットします。

エノコログサやベルテッセンの茎はとても細く、軽いブーケだと思いますので、そのまま置いただけでは安定感がないかな…と想像されます。
どのように置くのかな…と見ていると、墨のように真っ黒い長い竹が一本用意されました。
遠目で見るとその竹でブーケの上からグサッと突き刺したような感じでブーケが固定されました。
台座の黒い細長い脚と金色の花器と墨のような黒い長い竹がエノコログサのブーケをグサッと突き刺したようなイメージです。
全長3メートルぐらいはあるかと思われる静かでダイナミックな花のオブジェの一部ができあがりました。

そのブーケの左側(客席から向かって)にも既に2つのアレンジメントが置かれています。
ガマの葉のような細長い斑入りの葉がたくさん束になって、花器にずぼっと真っ直ぐに活けられたようなイメージです。
舞台上には大きいのとやや小さ目のグリーンのアレンジが2つ。その隣には先述のブーケのアレンジが1つ。さらにその隣にグリーンのアレンジが1つ。

堀さんは全体を眺めてバランスを考えながら、大きめのグリーンのアレンジの葉を少しずつ抜いていきます。
考えてはまた葉を抜いて、そしてまた抜いて…

なんと!!!
全部の葉を抜いてしまいました!!!

すると、そこに現れたのは1輪のベルテッセンと少しのエノコログサ!!!
涼しげでかわいいです。

葉を抜いていないグリーンのアレンジの隙間からも1輪のベルテッセンが控えめに覗いています。
そのグリーンのアレンジメントの上から、またもや長い黒い竹を1本、今度は横にして地面と平行にした向きで、そのグリーンの中にグサッと差し込み、それがどういう仕組みか、倒れずにふわっと空中に浮いたまま長い竹が安定してとまっています。

なんとかっこよいパフォーマンスでしょう!!!

ひとつ、ひとつお花を抜いていく…というデモンストレーションは日本の美意識にかなっているなぁ…
と思いました。

面白く、美しい数分間でした。
[PR]
by sarcococca | 2014-07-31 17:00 | 花修行の話
アジアカップ2014 2日目
前回に続き、向学のためにアジアカップ2014を見学したレポートです。

2日目の7月27日(日)にはボディー・デコレーション競技が行われました。
これはモデルさんの身体に装飾や被服として着用してもらう目的で作るフラワーデザインの技を競うものです。

午前中に非公開で制作された生花をたっぷりとあしらった作品を黒いドレスを着たモデルさんの頭や首、肩など身体全体につけていき、さらに生花やグリーンやその他の材料を付け加えていきます。
これを30分で仕上げてそのあとモデルさんがウォーキングするファッションショーが行われます。

この日も無料の立見席は満員になってしまいましたので、3階のハイビジョンで中継映像を拝見しました。

ヘッドドレスやブーケのみならず、作品自体がドレス!といったものまであり、舞台上の世界のトップフローリスト達は次々とその作品をモデルさんに着せていきます。

ピンやワイヤーなどでモデルさんが怪我をしてはいけませんし、着用してウォーキングする際に剥がれ落ちたりしてもいけません。

生花や植物がメインの作品でなければいけない、ということですが、その他に様々な素材がメカニックスや生花を引き立たせるために使われています。

作品は実に様々です。どれもため息が出るほど素晴らしいものばかりです。

ワイヤーなど金属素材のものを使えばキラキラと輝きます。

花びら等を糸や紐のようなものに通して腰から下げれば、モデルさんが動くたびにゆらゆらと揺れるのが美しいです。

自然素材も花や葉などの他にドライ素材や木片や樹皮や竹、紙、布といったようなものも使用されているのかな…と思いました。

有料のパスを持っていないとこの競技の作品は実際に間近で直接見ることができませんでしたので、それがちょっと残念でした。
ボディーデコレーション競技以外の作品は全て無料で見ることができるので、穴があくほど何度も見てきました。

競技には関係ありませんが、舞台上ではアクアグルー(生花用の接着剤)を手に最終調整をされている競技者がいましたので、アクアグル―の接着力はすごいんだな…とちょっと思いました。
私はプリザーブドフラワーのお花屋さんなので、グル―はいつも熱いのを使います。

最後にモデルさんたちがウォーキングするのですが、その際には作品が実際に動くわけですから、動いたときに揺れたりして、作品の表情のようなものがパッと輝きます。
逆にモデルさんが動きづらそうだと、作品の魅力も少し減ってしまいます。

モデルさんが着用している作品をとても気に入って、歩きやすそうに楽しそうにウォーキングされていると、作品自体の魅力が増える気がします。

見ている私自身が好みのデザインのものですと、それを作る為に必要なスキルが高いとか低いとかに関わらず、単純にこの作品はきれいだなぁ…と思ってしまいます。

ボディーデコレーションは着る人が嬉しくて楽しくて美しいなぁ、と感動して気分も上がってしまう!
というものが一番なのでしょう。

見ていてとても楽しい競技でした。3年後にもし日本で開催されたらきちんとお金を払って指定席で競技を見たいと思いました。

ということで、主催者さんに無断でレポートしていますので、作品の写真の投稿は遠慮しておきます。
代わりに柴犬のはなちゃんのかわいい写真を投稿します(笑)。
a0040445_1546663.jpg

[PR]
by sarcococca | 2014-07-30 16:41 | 花修行の話
アジアカップ2014
先日沼津で行われたアジアカップ2014に勉強のために行ってきました。
アジアカップはアジアフローリスト協会が主催するフラワーデザインの国際競技会です。
三年に一度行われているそうで、世界のトップフローリスト16名がフラワーデザインの技を競います。

7月26日(土)には即興で花束を40分間で作る、「サプライズハンドタイドブーケ」と、50分でテーブルアレンジを作る「サプライズディスプレイ」の競技が行われました。
無料の立見席が満員になっていたので、三階のホールで中継映像を拝見しました。

ぱっと花材を見た瞬間に、どんなデザインでどの花を使って花束やアレンジメントを仕上げていくのか、花材は競技が始まらないと何があるのかはわかっていません。

同じ花材が用意されていても、16名のトップフローリストの全てのデザインが16通りの様々な美しさがあり、画面で見ているだけでも溜息がもれます。

花束を作る手は迷いがなく、無駄がなく、仕上がっていく過程も綺麗なパフォーマンスのようで、とにかくすごかったです!!!

作品の写真は、なんとなく無断で勝手に掲載していいのか迷ったので…
新幹線の車窓とお弁当の写真(笑)。
a0040445_1919435.jpg

浜名湖通過中ー。
a0040445_19191955.jpg

そして牛丼弁当。うまかったです。
[PR]
by sarcococca | 2014-07-29 19:23 | 花修行の話
プリザーブドフラワーの香り
a0040445_19182289.jpg

プリザーブドフラワーに香りはありませんが、こちらのアレンジはバラのポプリを一緒に入れて、さらに…
a0040445_19272477.jpg

a0040445_19281977.jpg

プリザーブドフラワー用のバラの香りをつけて販売しようと思います♪



[PR]
by sarcococca | 2014-07-18 19:16 | サルココッカの新作
夏の緑
こんにちは。プリザーブドフラワーギフト店サルココッカの岩井です。
a0040445_1733712.jpg

先日の台風の後の公園です。
a0040445_17365270.jpg

木道にはモミジの実や木の葉がたくさん落ちていました。
a0040445_17312824.jpg

夏のモミジはさわやかな緑色です。
[PR]
by sarcococca | 2014-07-17 17:46 | 日々のこと
コロニアルボケーの練習
こんにちは♪プリザーブドフラワーギフト店サルココッカの岩井です。
a0040445_18141148.jpg

マミフラワーデザインスクールで一緒に勉強している仲間とコロニアルボケーの練習をしました。
こちらの学校ではブーケのことをボケーと呼んでいます。
基本的な円形のデザインで、自然の茎を残して全ての花材をワイヤリングして組んだブーケです。

プリザーブドフラワーでブーケを作る時、バラやガーベラ、カーネーションなどは花冠だけを問屋さんから仕入れてワイヤリングをするため、花冠から下はワイヤリングとテーピングした自然ではない茎になります。
これをふんわりと自然に見せるために、バラなどのメインのお花の間に小花やグリーンを配置してブーケを仕上げていきます。

この写真のブーケは生花のブーケです。生花の自然な茎を見せて、少ない花材でも美しくなるデザインです。
だから、今日のはもっと花材を少なくしてもよかったかな…と思います。
アウトラインも丸く円形にならなくてはいけないのですが、なんだか四角…。

さて、もう一度作り直してみますか…。
[PR]
by sarcococca | 2014-07-15 18:37 | 花修行の話
お花屋さんにて
こんにちは。プリザーブドフラワーギフト店サルココッカの岩井です。

生花のお花屋さんワールドフラワーすみれが丘店に行ってきました。
マミフラワーデザインスクールの生徒仲間とバラやスターチスなどを物色しました。

こちらのお花屋さんは市場から来た切り花の多くを水揚げしないで販売しています。
その代わりにすごーく安いので、花好きの私にはたいへんありがたいお店です。
a0040445_18365269.jpg

こんな鉢植えもお手頃価格で売っています!!!
切り花で流通しているお花以外にも鉢植えのお花やハーブ類を使ったアレンジメントも作りたいです。
水がきれてお花がすぐにダメにならないか、試しに買って使ってみないとわかりません。
。。。ということで、いろいろ買ってしまいます。
[PR]
by sarcococca | 2014-07-14 18:40 | 日々のこと
プリザーブドフラワーのお供えの花
こんにちは♪プリザーブドフラワーギフト店サルココッカの岩井です♪
キリスト教のご先祖様にお供えするお花をオーダーメイドで承りました。
先日ご紹介した仏花と一緒にご注文いただきました。
a0040445_16431515.jpg

花材の写真をメールでお送りしてデザインをご相談して…
a0040445_16393626.jpg

こんな感じのブーケにしあげました♪
a0040445_16384167.jpg

一輪挿しなどの花瓶に入れて飾っていただけます。
a0040445_16411590.jpg

ラッピングをしまして。。。
a0040445_16421170.jpg

このような梱包でお届けしました♪
仏教用とキリスト教のお花、ふたつのブーケが入っています。
[PR]
by sarcococca | 2014-07-12 16:52 | サルココッカの新作
仏花のラッピング
a0040445_23422445.jpg

こんにちは♪プリザーブドフラワーギフト店サルココッカの岩井です。
先日ブログでご紹介したプリザーブドフラワーの仏花のラッピングの写真です。
はじめは和紙を使ってラッピングする予定でしたが、合わせてみるとなんか暑苦しい感じ…。
持っていた和紙の絵柄や色がお花に合わなかったため、画用紙とラッピングペーパーで包装しました。

紙は様々な風合いがあり、自然の素材からできていて、フラワーデザイン自体に使うこともできるし、ラッピングには欠かせない素材です。

和紙を上手に作品に生かせたら素敵だな…と思うのですが、まだスキルが足りなくていけません。
[PR]
by sarcococca | 2014-07-09 23:58 | 花仕事のこぼれ話
プリザーブドフラワーの仏花
a0040445_18222494.jpg

 こんにちは♪プリザーブドフラワーギフト店サルココッカの岩井です。
毎日蒸しますね。。。
7月ともなると仏様のお花もすぐにだめになってしまいます。
ということでオーダーメイドの仏花のご注文をいただきました。
a0040445_18265959.jpg

花材はお客様にメールで写真をお送りして、ご要望をお聞きします。

「菊とあじさいは使わないで、ピンク系のお色で。」とのご希望でした。
お話を伺うと、あまり一般的な三角形の仏花でなくてもよいのでは…
と思い、こんな感じにさせていただきました。
a0040445_18293421.jpg

1輪挿しなどに入れて飾っていただけるようにいたしました。
また、一番上の写真のようにお花をそのまま置いて飾っていただくことができるのも
生花は違う特徴です。
[PR]
by sarcococca | 2014-07-07 18:37 | サルココッカの新作